大型犬のためのハイクオリティ訓練用品店【TEL:050-5812-1307 / 平日 10:00~17:00 [定休日]土・日・祝】
ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ブランド:Forest meat/フォレストミート:FAQ(鹿肉・骨に関するよくあるご質問)
鹿肉骨についてよくあるご質問

Q1:[ジビエは寄生虫などが心配です。]

フォレストミートの鹿肉・骨は、平成27年、第001号(九州初)として、環境省の認定鳥獣捕獲事業者を受けた最新設備を揃える食肉処理工場で一括管理しております。
ペット用とは言えども、弊社では人間用と同じ精肉の切れ端やスジ肉を使用しておりますので、 質・美味しさ共に安心してご利用いただけます。

Q2:[鹿肉は初めてです。与えても大丈夫でしょうか?]

鹿肉は滋養強壮に最適なお肉です。特に成長期の1歳未満の幼犬や、逆に食欲の落ちた老犬にとっても有益な食材です。慣れないうちは少量からスタートしてみましょう。 野生のお肉を食べることによって、毛並みや肥満の改善、健康寿命の延伸といったプラスの効用が多く報告されています。生肉や解凍後に加熱した鹿肉に比べ水分10%以下のジャーキーは初めてでも与えやすいおやつです。

Q3:[下痢(血便)を起こしました。]

・鹿肉による下痢(軟便)
鹿肉は高タンパクで鉄分豊富な食材です。青魚に多いDHAを多く含む他、ビタミンB群も豊富でアレルギー反応も出にくいことから療法食として活用するケースもあります。ですが、一度に沢山の鹿肉(特に生肉や解凍後加熱した鹿肉)を摂取すると消化不良(浸透圧性下痢)を起こす場合がございます。
下痢を起こした場合、一旦鹿肉を休止し、量を見直しごく少量から与えましょう。
適正量であれば、浸透圧性下痢が起こることはございません。

・アレルギーによる下痢
鹿肉は元々アレルギーになりにくいお肉ですが、鹿肉アレルギーの子も少なからずいます。
少量にも関わらず下痢を起こした場合、鹿肉アレルギーの可能性がございます。
極々少量を与えて、まずは様子を見してください。
それでも心配な場合には鹿肉は与えない方が最良です。

・脂による下痢
鹿肉は元々脂身の少ないお肉ですが、粗挽きミンチなどの加工された生肉には
脂の部位が多く含まれていることがあります。
その場合、脂にあたり下痢を起こす子がいます。
加熱する際に余分な脂はキッチンペーパーなどで取り除いたり、茹でて調理すると良いでしょう。

・骨(髄)による下痢(血便)
骨による下痢はいくつか原因が考えられます。
骨に含まれる髄が苦手なワンちゃんがいます。その場合、骨を与えることはお控えください。
また、加熱不足による下痢もございます。
ご自宅で冷凍骨を加熱する場合にはボイルは避け、圧力鍋を用いるなどしてください。
そのほか、丸呑みによる消化不良や血便(内臓損傷)を伴う下痢の場合
骨が小さくなると丸飲みしてしまうワンちゃんがいます。必ず飼い主さんの監視の下お与え下さい。
飼い主様判断で、「うちの子は丸呑みしてしまう癖があるな、、、」と、少しでも心配がよぎる場合には、与えることを控えていただくのが最良です。

Q4:[賞味期限が短いのはなぜですか?]

フォレストミートの鹿肉・骨は完全無添加です。
防腐剤・保存料などの薬品を一切使用していないため賞味期限は短くなります。
予めご留意の上、ご購入ください。

Q5:[保管中にカビが生えました]

フォレストミートの鹿肉・骨は完全無添加です。
防腐剤や保存料を一切使用していないため、カビが生えやすいおやつとなります。
そのため当店では全てのおやつの冷蔵庫保管をお願いしておりますが、冷蔵庫からの出し入れを繰り返すと温度変化による結露がフード表面に生じることがあり、カビの原因になってしまうことがあります。 予めご留意ください。開封後は賞味期限に関わらず可能な限り早めにお与えください。

Q6:[保管中に虫を発見しました]

天然鹿(野生鹿)のお肉や骨は「無農薬の野菜」と同じです。
お肉自体に抗生物質が使われているわけではなく、また定期的にワクチンや飲み薬を投与されている家畜でもございません。捕獲後に薬品を使えば、これら害虫は完全に「駆除」や「寄せ付けないように」できますが、薬品を使用していないため、食品害虫が付く可能性がゼロではないことをご留意下さい。
ですが、それこそが本当の意味での「ジビエ」であり、「安心・安全の無添加」である証でございますので、何卒ご理解いただければと存じます。

そのほか、食品害虫はわずかなすき間や冷蔵庫の中でも付くことがあります。 食品害虫としてよく名前が上がるタバコシバンムシやヒメカツオブシムシなどは、どこでも発生が見られる食品害虫です。 保管してあるパンや小麦粉、乾麺、ソバ、ペットフードなどあらゆる乾燥した家畜飼料や動植物製品などの包装食品に穴を開けて侵入し発生します。当店で販売するおやつは全て厚手のチャック袋に入れて販売していますが完璧に防止できるわけではございません。そのため食べ切れない分は必ず密封し、高温多湿を避けて、冷蔵庫にて保管のうえ可能な限り早めにお与えください。

ワンちゃんが虫がついたおやつを食べてしまった場合
一般に食品害虫としてよく名前が上がるタバコシバンムシやヒメカツオブシムシなどは体には無害です。 これらの食品害虫が肌を刺したり噛んだりすることはなく、病原体を媒介したという報告もありません。 食べてしまっても、食中毒などを起こす心配はないのでご安心ください。

Q7:[捕獲から加工までの工程を教えてください]

フォレストミートの鹿肉・骨は、狩猟から血抜き、解体、加工まで全て、最新設備を揃える提携工場で一括管理しております。 プロの猟師が罠狩猟で生け捕りにした鹿は、ストレスを最小限に抑えられるため、お肉にクセや臭みがありません。最初から最後まで責任をもって管理を徹底できるため、より迅速に、また高品質なものをお届けできるのを強みとしています。

Q8:[どんな方法で捕獲された鹿ですか?]

フォレストミートの鹿肉・骨は祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」として認定されている、 宮崎県の山々を主な狩猟場とし、 一流の技術を持つプロの猟師が狩猟犬や罠を駆使して狩猟を行っております。

仕留めた鹿は、日本有数の規模となる処理加工施設で素早く解体し、 精肉やジャーキーなどに加工。
プロが手掛ける安心・安全な鹿肉を自信を持ってご提供しています。

フォレストミート/トップページへ戻る>>>